ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、快適な室内環境を保ちながら住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、
1年間の消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことを言います。

 

※一次エネルギー消費量とは?
家庭で使用するエネルギー(冷暖房、給湯、換気、照明)を発電所での化石燃料の熱量に換算したものです。ZEHでは、その他の生活家電(電子レンジ、テレビ、冷蔵庫等)は含まれません。

 

 

大章工務店は、【ZEHビルダー登録】にあたりZEH普及目標を策定しました。

 

 

ZEH住宅の普及目標

 

年  度

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

新築住宅

50

50

33

50

60

リフォーム

0

0

0

0

0

実績 総建築数

0

0

0

0

―   

 

 

 

ゼロエネルギー住宅の普及に積極的に取り組み、 平成32年度(2020年)までに、ZEHの占める割合を50%以上とすることを目指します。

 

 

大章工務店の具体的なZEH普及策

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策
1
新築住宅の相談を受けた際に一般住宅とZEHの違いやメリットを積極的に説明する
2
自社ホームページへの提示をしZEHについて周知を図る
ZEHのコストダウンに向けた具体策
1
ZEH住宅の規格化を進め、建築工程の無駄の見直しを図る
2
外皮計算・一次消費エネルギー量計算を協力団体のサポートを受けコストダウンを図る
その他の取り組みなど
1
各種研修会への積極的参加を図り知識向上に努める
2
太陽や風などの自然エネルギーを最大限に生かしたパッシブデザインを取り入れた設計提案をする
3
高性能住宅に必要不可欠な高気密化にも積極的に取り組み快適で健康的な住宅を提供する